アダルトコンテンツ ネット

アダルトコンテンツがネットで充実しているサイト

TOP > アダルトコンテンツがネットで充実しているサイト

アダルトコンテンツがネットで充実しているサイト

最近アマゾンがインスタントビデオという
サービスを開始しました。

CSのように定額制のサービスではあるものの、
信頼性におけるサイトの参入とあって、
加入する人はすごく増えるのではないかと思われます。

いまのところ26000本を配信しているということで、
まだまだこれからといったところです。

内訳は外国映画やドラマが大奥、
それに日本映画やアニメが続いているという感じです。

そして意外なのがアダルトコンテンツの多さです。

それだけで1万本近くすでに配信しているので
全体の3分の1を優に超える量となります。

大手サイトの中ではめずらしい措置であり、
最もわかっているといっても過言ではありません。

アダルト=性欲は人間の最も基本的な欲のひとつであり、
抑制してもいいことはほとんどありません。

風俗を規制すれば違法店の数が増え、
ネットで規制してももはや意味を成しません。

ネットがなかった時代はビデオ屋に借りに行くか、
買いに行くかしか選択肢がなく、
非常に恥ずかしい思いをしたものですが、
それでも行く人は行ったわけです。

昔から一般ジャンルとは違うエリアに隔離されていたものの、
利用する人は利用していたわけです。

ただ恥ずかしさのあまり利用したくない人も
大勢いたわけで、そういう人はいつの世も多いですので
ネットは大きな味方となります。

ダウンロードやアップロードが問題視されてますが、
結局性欲を押さえつけることは不可能なので
なんらかの折り合いをつけないといけません。

いまだにそのことをわかっていない国や企業や
これこそ正論といわんばかりに厳しく規制しています。

まあそれはそれで悪いこととも言えないのですが
全くのNGにするのも悪いことといえなくもありません。

アマゾンのアダルトコンテンツが良いと思ったのは、
大手だから安心して使えるという点です。

他にも信頼性が高いお店はいろいろあるわけですが、
誰もが知ってるサイトではやはり安心感が違います。

最近は大企業でも会員情報流出なんて出来事が
たびたびありますがそれは人間が管理している以上
しかたのないことです。

ある意味マイナーなコンピュータの方が
ウィルスの脅威が少ないように、
マイナーなサイトのほうがアカウント流出などは
安心かもしれません。

しかしそのサイト自体が悪徳ならば
元も子もないのでやはり最大手というのは
すごい強みになると思います。

今後どの程度コンテンツが増えるか注目です。

特にAVカテゴリがどのような発展を遂げるか気になります。

メニュー